2018年4月30日月曜日

ピンカー「パラグラフなんて存在しないよ」

The Sense of Style から抜粋:
Many writing guides provide detailed instructions on how to build a paragraph. But the instructions are misguided, because there is no such thing as a paragraph. That is, there is no item in an outline, no branch of a tree, no unit of discourse that consistently corresponds to a block of text delimited by a blank line or an indentation. What does exist is the paragraph break: a visual bookmark that allows the reader to pause, take a breather, assimilate what he has read, and then find his place again on the page.
多くの文章読本は,パラグラフをどう組み立てるかについて詳しく指南している.だが,そうした指南は見当違いになっている.パラグラフなどというものはないからだ.つまり,空行やインデントで区別される文章のまとまりに一貫して対応する談話の単位やツリー構造の枝やアウトラインの項目は,ない.存在するのはパラグラフの *区切り* だ:読者が立ち止まり,一息いれて,いましがた読んだものをじっくり咀嚼し,また目を落としてどこまで進んだかみつけられるようにしてくれる視覚的なしおりなら,存在している.

0 件のコメント:

コメントを投稿